「第四回 ブリ・スギ類水産養殖管理検討会」~ASC認証の基準策定のための円卓会議~

このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレスリリース】

「第四回 ブリ・スギ類水産養殖管理検討会」のご案内
~ASC認証の基準策定のための円卓会議~

WWFジャパンでは、2013年10月16-17日、ブリ類養殖の拠点である鹿児島県にて、「ブリ・スギ類水産養殖管理検討会」を開催いたします。

近年、世界的に成長を続ける水産養殖業ですが、その環境への高い負荷が問題とされています。その解決策の一つとして「水産養殖管理協議会(ASC)」では、環境・社会に配慮した責任ある養殖業の認証制度の運営と普及に取り組んでいます。2012年には、ティラピアとパンガシウス(ナマズ類)について、ASC認証製品の流通が、欧州を中心に始まりました。

現在、ブリ・スギ類の認証基準の策定のための作業が進められており、このたび、世界のなかでも一大生産地である鹿児島県で、基準策定のための円卓会議を開催する運びとなりました。検討会では、現在公開されている基準第2草案と寄せられたパブリックコメント(10/15〆切)をもとに、ブリ・スギ類の養殖業の環境や社会に対する問題点を共有し、ASC認証基準案の策定作業を行います。

【開催要項】
主催: ブリ・スギ類養殖管理検討会
とき: 2013年10月16-17日 (16日)13:00-17:00 (17日)9:00-17:00
ところ: サンプラザ天文館 2階ホール(鹿児島県鹿児島市東千石町2-30)
主旨:
ブリ・スギ類の養殖がもたらす環境上、社会上の課題や影響に対処するため、ASC(Aquaculture Stewardship Council:養殖管理協議会)認証の基準案を策定する円卓会議。水産養殖業界だけではなく、科学者、NGOなど、ブリ類・スギ類の養殖に関心のある全ての個人・団体が参加可能。
申込み方法:
以下の項目を明記のうえ、事前にWWF水産プロジェクト宛にお申込ください。
①ご所属
②ご出席者名および人数
③ご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)
WWFジャパン水産プロジェクト
Tel :03-3769-1713  Fax : 03-3769-1717
メール:fish●wwf.or.jp
(●を@に変えてお送りください)
詳細はこちら http://www.wwf.or.jp/activities/2013/10/1162408.html

■ブリ類・スギ類水産養殖管理検討会とは
第4回ブリ・スギ類養殖管理検討会の目的は、ブリ類(ブリ、カンパチ、ヒラマサ、ヒレナガカンパチ)およびスギの自然環境と社会に配慮した養殖を確立し、普及させるためのASC(Aquaculture Stewardship Council:養殖管理協議会)認証の基準の策定に必要な意見、情報を関係者から収集することです。

ASC認証基準は、環境上・社会上の課題や影響に対処する、実績に基づいた、かつ定量的に測定可能な認証基準を策定することです。養殖業界の代表、環境NGO、科学者、その他ブリ類・スギ類養殖に関心のある方すべてが参加可能です。本検討会はWWFジャパンが事務局を務めます。

■開催経緯と今後の予定
ブリ・スギ類養殖管理検討会は、主要関係者により検討会の進め方について電話会議を行い、関係者間のネットワークづくりを進め、2009年1月より始まりました。先に開催された2回の検討会はいずれも2009年に米国およびメキシコで開催されました。持続可能な養殖生産のための原則と判定基準が策定され、また運営委員が設立されました。また必要に応じて関心をもつ団体などへの情報提供も行ってきました。

2013年2月に東京で開催された検討会では、日本の生産者、流通・販売企業、科学者、監査法人などが参加し、ASC基準第一草案についての意見交換が行われるとともに、1回目のパブリックコメント募集が行われ、収集した意見および情報をもとに、基準案の改定が行われました。第二草案は8月17日に公開され、10月15日までパブリックコメントが募集されています。
http://www.wwf.or.jp/activities/2013/08/1154220.html

10月16・17日両日に鹿児島県鹿児島市で開催される第4回ブリ・スギ類養殖管理検討会は、ASC認証基準に対する一般からの意見収集の最後の機会となります。本検討会開催後、運営委員により情報の整理と検討が行われ12月には最終案を確定し、ASC事務局(オランダ)に引き渡される予定です。

ブリ・スギ類養殖管理検討会は、WWFが国際的に進める8つの検討会のひとつで、サケ、淡水マス、ティラピア、エビ類、パンガシウス(ナマズ)、アワビ、二枚貝(アサリ、ホタテ、カキ、ムール貝)についても策定が行われ、ティラピア、パンガシウスについては、東南アジア、中南米で50の養殖場がASC認証を取得し、流通が開始しています。

◇参考資料
・ASCについて(英語)  http://www.asc-aqua.org/
・ASCブリ・スギ類基準(日本語) http://www.wwf.or.jp/activities/2013/08/1151806.html
※「関連情報」から検討会に関する最新情報をご確認ください。

【リリース発行元】
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
〒105-0014 東京都港区芝 3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6F
Tel: 03-3769-1711(代)
URL: http://www.wwf.or.jp/

2013年10月9日(水)1:28

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑