[CSR]キヤノンMJ、エコドライブ活動コンクール環境大臣賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース)
エコと安全を両立! 地球と社会に“やさしい運転”で「平成26 年度 エコドライブ活動コンクール 環境大臣賞」を受賞

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、「平成26年度エコドライブ活動コンクール環境大臣賞」を受賞しました。
「エコドライブ活動コンクール」は、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団が主催し、エコドライブ普及連絡会(警察庁・経済産業省・国土交通省・環境省)とエコドライブ普及推進協議会が後援し、エ コドライブの更なる普及を図る目的で平成23年度より行われています。

◆関連情報:「平成26年度 エコドライブ活動コンクール」

http://www.ecodrive-activity-concours.jp/

この度の受賞にあたりましては、キヤノンMJ が平成21年から取り組んでいる以下の活動が評価されました。

キヤノンマーケティングジャパングループの取り組み
1.『社内カーシェアリング制度』による社有車の効率的運用の推進
部門ごとに運用していた社有車をすべて総務が一括管理することで社有車を効率的に運用する制度。システム上で予約管理を行うことで、稼働の見える化が進み、大幅な減車を実現。
2.『テレマティクス』による走行データ(燃費や危険挙動)の可視化と有効活用
車両に通信モジュールを搭載し、社有車の速度超過、急加速・急減速などの走行情報を“見える化”する仕組み。
3.『やさしい運転』をキーワードとした、全社を挙げたエコドライブや安全運転の推進
キヤノンMJ グループでは、人・地球・車にやさしい、安全で環境に配慮した運転のことを”やさしい運転”と定義して継続的に推進。

キヤノンMJグループでは、これらの活動による成果として、平成21年比で年間のガソリン使用量を25.2%削減、事故件数・違反発生件数を約60%削減することができました。

◆関連情報:環境への取り組み 「事業所でエコ」
http://cweb.canon.jp/ecology/office-eco/article-6.html

キヤノンMJグループは、これからも社員一人一人がエコについて学び、地球と社会に“やさしい運転”に取り組むことで、未来の地球環境に貢献していきます。

● 報道関係者のお問い合わせ先 :キヤノンマーケティングジャパン株式会社
広報部広報第一グループ 03-6719-9093(直通)
● 報道関係者用ホームページ :e-pr.canon.jp

2014年10月31日(金)19:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑