CSR経営ポイント(1)ミッションもKPIもないCSR活動はあり得ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

トリミング森摂

すべての企業活動がそうであるように、企業のCSR活動にとってミッションやKPI(重要経営指標)は必須項目です。

まずミッションですが、どの会社にも社是・社訓や経営理念があるはずです。そしてその多くは社会的な要素を含んでいるはずです。例えばトヨタ自動車や松下電器産業(現・パナソニック)の創業時の社是には、「産業報国」という言葉がありました。産業を通じて、国の発展に寄与するという意味です。

ただ、これらの社是・社訓は、そのままでは若い社員たちに理解しにくい可能性があります。そこで、特にCSR活動についてのミッション(=ソーシャル・ミッション)の策定をお勧めします。

例えば、米高級百貨店ノードストロームのCSRページには、下記のような記述があります。

At Nordstrom, we strive to be an ethical company where people want
to work and shop. Our corporate social responsibility (CSR) programs
are our way of working toward this goal.

私たちノードストロームは、人々がそこで働きたい、買い物をしたいと思ってくれるようなエシカルな会社になるよう努力します。私たちのCSRプログラムとは、このゴールを達成するための、社員の働き方を指します。

実に分かりやすく、簡潔で力強い言葉です。こういう言葉であれば、若い社員や新入社員もよく理解してくれるはずです。

すでに社是・社訓や企業理念がある会社でも、そのソーシャルな機能を補えるような、「ソーシャル・ミッション」を新たに作り、「企業理念の補足」として社内浸透することが望ましいです。

KPIについては、これもどんな企業の業務管理において必須項目であるはずです。もちろん、これも他の業務と同様、[PDCA]を回していくことが前提になります。

これについては、次号で詳しくお伝えします。
(オルタナ編集長 森 摂)

2015年8月7日(金)15:22

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑