障がい者雇用成功のカギは採用プロセスの構築(3)[橋本 一豊]

橋本 一豊
特定非営利活動法人WEL’S新木場
このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本一豊2

前回のコラムでは、障がい者雇用を検討している企業の具体的なニーズと、それに対応する支援機関について説明した。第3回となる本コラムでは、採用プロセスに関わる就労支援機関とのやり取りについて説明する。(NPO法人WEL’S新木場代表=橋本一豊)

前回のコラムで記述したように、就労支援を行う機関が連携しそれぞれの役割の中で企業の支援ニーズに対応しているが、企業の雇用ニーズの実情や採用のタイミング、地域性、労働市場の状況によって変化があるため実情に合ったプロセスの構築が必要になる。

参考までに、今まで対応した主な事例からの採用プロセスを紹介すると、企業担当者が雇用を検討する段階から、就労支援機関との打合せを行い、就労支援に関わる情報提供を行う。多くの場合、企業担当者が把握している情報と支援機関が持っている情報や認識のギャップがあるため情報の整理が必要になる。

さまざまな実情や支援ニーズに応じて必要な支援サービスの組み立てを行い、企業の採用計画と方針に沿ったスケジュールの調整を行う。

スケジュールの概要については、図1を参照いただきたい。

企業担当者と支援機関の間で、認識のギャップがある場合も多い。ヒアリングや見学などを盛り込みながら、綿密な情報共有を行うことが重要だ

企業担当者と支援機関の間で、認識のギャップがある場合も多い。ヒアリングや見学などを盛り込みながら、綿密な情報共有を行うことが重要だ

「ステップ1」のヒアリングでは、企業の採用計画や方針を聞き取り、ヒアリングシートに落とし込み情報の整理を行う。ここでは、障害者雇用におけるタスクを確認する。
・採用予定人数はどのくらいか
・採用予定日はいつにするか
・作業内容はどうするか
・雇用条件はどうするか
・雇用管理はどうするか
などである。
支援機関はこのような情報をプロフィール表などにまとめ今後の支援に備える。また、初めて雇用を検討する企業に対しては、参考になる企業への見学などを行う。

「ステップ2」では、上記のタスクを踏まえたうえでのスケジュールの調整と確認を行い、実際の現場の状況や作業内容などを確認していく(職場のアセスメント)。

ページ: 1 2

橋本 一豊
特定非営利活動法人WEL’S新木場
大学卒業後、飲食業、児童養護施設での勤務を経て北欧に渡り、重度障がいのある人のアパートにホームステイを経験。そこで福祉施設での業務に関わったことが、障がいのある人の就労支援という業界に入るきっかけとなる。帰国後は東京都七生福祉園(障害者入所施設)に入職。その後、東京障害者職業センターのジョブコーチ業務を経て2005年4月より現職。 障がいのある人の就労支援の実践業務を行いつつ、障がい者雇用を行う企業に対しての立ち上げ支援、採用スケジュールの確認・調整、関連機関との連絡調整、職務構築、参考企業への見学・案内 、各種制度の情報提供など全般の相談を手がける。

2015年7月25日(土)13:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑