路上から自立へ、フィリピンの子どもたちがカフェ起業

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンで路上生活をする子どもたちが3月15日、首都マニラでカフェをオープンした。同国では25万人以上の子どもたちが路上生活を余儀なくされており、定職をつけることで貧困からの脱却を目指す。開店を支援したのは名古屋市の認定NPO法人アイキャンで、2011年から子どもたちに職業訓練の取り組みを続けてきた。(辻陽一郎)

カリエカフェグランドオープン

カリエカフェグランドオープン

「Kalye Café(カリエカフェ)」という店名で、マニラ都心のディリマン地区にオープンした。パンの製造や経営、会計などすべて路上生活をしている子どもたちが行う。子どもたちが自らの課題を、自分たちで解決していけるようにと、アイキャンは、2011年に子どもたちの協同組合を設立しトレーニングを続けてきた。組合には路上で暮らす子供たちが80人ほど登録している。

アイキャン海外事業部の中村由実子さんは、「路上でその日暮らしをしてきた子どもたちにとって、将来のために訓練するということは難しかった。時間はかかったが、確実に成長していった」と話す。

現在19歳になったメンバーの1人は、「路上にいたとき、大人から『君は、路上生活者だ。その生活はこれからも変わらない』と言われた。でも、僕は、この活動を通して変わることができた」とアイキャンのスタッフに話した。

フィリピンは経済発展が進み、高層ビルやショッピングモールが立ち並ぶ一方、富裕層と貧困層の格差が広がっている。マニラで路上生活をする子どもたちの多くが物乞いや売春をして、1日50~100ペソ(約100~200円)ほどを得て生活をする過酷な状況だ。

ページ: 1 2

2016年3月24日(木)17:49

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑