日本企業6社、水資源管理調査で最高ランクを獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーの熊本テクノロジーセンターは、半導体の製造工程で使用される地下水の還元に取り組む

ソニーの熊本テクノロジーセンターは、半導体の製造工程で使用される地下水の還元に取り組む

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)の水資源管理に関する国際的な調査で、日本企業6社が最高ランクの「A」を獲得した。Aリストに選定された日本企業は、ソニー、トヨタ、花王、キリン、サントリー、三菱電機の6社だ。調査は、水リスクにさらされているセクターの上場企業1252社を対象とし、48%にあたる607社から回答があった。CDPの調査結果は、7兆米ドル以上の資産を持つ600以上の機関投資家が参考にしている。

CDPは2000年に英国で発足した国際的なNPO団体だ。気候変動対策への取り組みについて、ディスクロージャーとパフォーマンスを調査している。日本企業は150社が対象で、64%にあたる96社が回答した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2016年12月7日(水)22:21

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑