リサイクルで社会変革、テラサイクルCEO

このエントリーをはてなブックマークに追加

リサイクルを通した社会変革について話したトム・ザッキーCEO

サステナブル・ブランド国際会議2017東京で、テラサイクル創業者のトム・ザッキーCEOが登壇した。テラサイクルはP&GやJTなど、さまざまな企業と連携してリサイクルを推進している。多くの廃棄物が海に捨てられており、そのうちリサイクル可能なのはわずか数パーセントで、それ以外は焼却している。日本では廃棄物の7割を焼却しているという。ザッキーCEOは、廃棄する以外に何か方法はないかと考えて、テラサイクルを立ち上げた。(オルタナ編集部=池田 真隆)

「なぜリサイクルといえばアルミ缶を連想するのでしょうか」とザッキーCEOは会場に問いかけた。それは利益が生まれるからだ。だが、多くの消費物がリサイクルできるのに、利益が出ないからと回収しないままだという。そこで、同社は企業とパートナーを組むことで、一緒に責任を持って回収することを呼び掛けている。

世界、21カ国に拠点を持ち、日本法人を立ち上げて3年が経過した。日本では、JT傘下のトゥルースピリットタバコカンパニーと組み、タバコの吸殻回収を行っている。すでに現在約1000カ所から約1億本の吸殻を収集した。このプロジェクトは日本初で、誰でも参加できる。ライオンと組み、使用済み歯ブラシの回収も行っている。花王とは食品パッケージのリサイクルを行おうと考えているという。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月8日(土)17:30

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑