SB国際会議2017デトロイト ハイライト(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Raphael Bemporad Images credit: Albert Chau/Sustainable Brands

Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 消費者・インフルエンサー視点でグッド・ライフを再定義

「グッド・ライフを再定義する」。これはブランド広告のキャッチコピーでもなく、自己啓発本のタイトルでもない。これは、世界中で開催されるサステナブル・ブランド国際会議で3年間かけて話し合われ、取り組まれるテーマなのだ。(翻訳:寺町幸枝)

では、一般的にどういう意味なのだろうか。どうすれば消費者は、このコンセプトに価値観を揺さぶられ、魅了されるのだろうか。

サステナブル・ブランドと米世論調査機関ハリス・ポールは5月末、米国の消費者が「グッド・ライフ」にどのようなイメージを抱いているか調べた調査結果を公表した。「グッド・ライフ」について、そしてブランドが「グッド・ライフ」にどう貢献できるかについて調査した。

調査は2つの手法を使って実施された。まずは定性的手法を取り、アメリカ人に「グッド・ライフ」を自分の言葉で定義して貰った。そして次に、定量的手法で、最初の方法で集めた言葉を重要だと思うもの順にランク付けして貰うよう1000人に調査をした。

「グッド・ライフ」を再定義するために、二つの大きな課題を調査することから始めた。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年7月8日(土)23:14

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑