編集長コラム: オルタナの存在意義とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月29日に発売される次号でちょうど「創刊50号」になります。前々号(3月末発売)は創刊10周年記念号で、いろんな節目が足早にやって来る感じです。ここまで無事にやって来られたのも読者や社内外の筆者の皆さま、関係先の皆さまのお陰であり、改めて心から御礼を申し上げます。

いま、巷ではSDGs(持続可能な開発目標)の話題が少しずつ広がっています。先日は「ピコ太郎」さんがキャンペーンに参加したり、吉本興業の芸人さんたちがSDGsのイベントに出たりの話題が続いています。

そんななか、ある企業経営者の方からメールを頂きました。アジアやアフリカで環境保全のために奔走しておられる、真の社会企業家です。その一部を紹介させて頂きます。

「SDGs騒ぎはおめでたいです。大半が税金・寄付などを当てにしての無責任さです。ご自分の懐も痛まず、責任も負わされません。気楽な啓発です。森さんは、こうした無責任な団体、連中とは違うはずです。違ってもらわねば、森さんの存在理由はありません」

「本当に、過酷な生活を強いられている人々の事を想って頂けるはずです。国連や寄付で活動する団体に頼らずとも、我が国の国際協力の関係者が、その気になれば、世界から『置き去りにされる人々』も難民も出さずに済みます」

「SDGsと騒ぐ人に問いたいです。『貴方はどんな自己犠牲を払い、SDGsに臨むのか?』と、皆さんの楽しそうな囃し過ぎは目に余ります。森さんなら、ご理解頂けるでしょう。頑張って下さい。根性を出してください。平和ボケ連中に活を入れてください」(引用終わり)

このメールを読み、喉元に鋭いナイフを突きつけられた思いがしました。まさに、私やオルタナの存在意義が問われていると受け止めました。

ページ: 1 2

2017年9月20日(水)0:26

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑