障がい者と就労施設を結ぶサイト開設、情報不足解消へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

障がい者の就労支援を行うLITALICO(東京・目黒)は3月に、障がい者と就労支援施設をマッチングする情報サイトをオープンする。これまで各事業所の情報はインターネット上には少なく、自分に合った選択が難しいという課題があった。同サイトでは、現利用者の障がい種や作業の内容、工賃、就職後の定着率などを載せる。情報の透明性を高めることで、障がい者が自分らしく働く機会を得られるような社会を目指す方針だ。(辻陽一郎)

就労支援施設は全国に約1万7000ある。3月にスタートする情報サイトの「LITALICO仕事ナビ」には、全国の事業所の情報を掲載していくという。大切にしている点は「情報の透明性」だ。LITALICO新規事業開発室の高寺雄二氏は「仕事ナビでは就職者数の項目も設けました。記入は必須ではありませんが、情報公開しているところ、いい事業所に人が集まるようにして、業界全体を良くしていきたいです」と語った。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年2月1日(木)20:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑