第23回:押し寄せるZ世代の波(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

Photo by Annie Spratt

【真のダイバーシティを考える:第23回】自然食品に力を入れる米国有名スーパー「ホールフーズ」で、人気のレモネード「Me & the Bees Lemonade」。砂糖ではなく、天然のはちみつを使ったレモネードは、健康意識の高い層の人気を集めています。その人気の鍵は、オーガニック性や健康志向だけではなく、自然生態系を守ることに寄与できるというソーシャルな面も大きいと言われています。

「Me & the Bees Lemonade」のCEOはミカイラ・アルマーさん。なんと13歳です。蜂に刺されたことで、蜂に興味を持ち、自然生態系のなかでのミツバチの重要性に気づいたことがレモネード製造販売を始めるきかっけになったとのことですが、ブランドミッションは「蜂を守ること」。顧客がレモネードを買うと、収益の一部がミツバチ保護に従事する団体に寄付されるビジネスモデルとなっています。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月12日(月)23:44

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑