企業の情報開示の意味(下田屋 毅)

下田屋毅
サステイナビジョン代表取締役
このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州CSR最前線(No.28)

昨今、企業は非財務情報の開示、つまり企業のCSR/サステナビリティに関する活動についての情報開示を求められることが増えている。

サステナビリティ報告書や統合報告書、また情報開示要請のあったステークホルダーからの質問票に対する回答の送付やウェブサイト上での情報開示を行うことが求められているからだ。企業の情報開示を求めるものとしては、法令の観点からEU非財務情報開示指令や英国現代奴隷法などがあり、個別の課題についての情報開示を促すものとしてCDPやTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)がある。

株主・投資家からの情報開示請求で開示された、企業のCSR/サステナビリティへの取り組み評価が、DJSIやFTSE4GOOD、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のインデックスに影響するなど、企業の非財務情報の開示は、ますます重要になってきている。

ページ: 1 2

下田屋毅
サステイナビジョン代表取締役
在ロンドン CSR コンサルタント。大手重工業会社に勤務、工場管理部で人事・総務・教育・安全衛生などに携わる。新規環境ビジネス事業の立上げを経験後、渡英。英国イーストアングリア大学環境科学修士、ランカスター大学MBA。欧州と日本の CSR の懸け橋となるべくCSR コンサルティング会社「Sustainavision Ltd.」をロンドンに設立、代表取締役。ビジネス・ブレークスルー大学講師。

2019年2月28日(木)23:03

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑