英サステナビリティ経営4DAYSスタディ(ロンドン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■英国サステナビリティ経営4DAYSスタディ・プログラム
「トリプルボトムラインへの旅」
(全日程解説・レポート付き)

◆キーワード:トリプルボトムライン。ジョン・エルキントン。エレン・マッカーサー財団。サーキュラーエコノミー(循環経済)。海洋プラスチックごみ問題。ESG投資。SDGs(持続可能な開発目標)。食とサステナビリティ

主催: 株式会社オルタナ/Sustainavision Ltd.
とき: 2019年11月18日(月)~11月21日(木)=現地時間
場所: 英ロンドンとその周辺
費用: 315,000円(海外でのサービス提供のため消費税は適用されません)
ご注意:航空運賃と宿泊費・食費、現地交通費は含まれません。ロンドン集合・ロンドン解散です。集合場所は、ロンドン「パディントン駅」周辺です。

◆CSR検定合格者(2級/3級)、英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー受講者は1万円引き。(CSR検定受験番号またはCSRプラクティショナー受講年をお知らせください)
◆最短の旅程は、日本出国11月17日(日)、帰国11月23日(土)です。
◆必ず個人旅行保険にご加入ください。
◆最少催行人数:10名
◆申し込み期限:2019年10月31日(木)※入金は必ず「プログラム実施前」にお願い致します。
◆申し込み先:フォームからお申し込み下さい

◆趣旨:SDGs(持続可能な開発目標)やパリ協定の採択から4年が経とうとしている今も、気候変動や、貧富格差、災害などグローバルな社会課題が山積しています。1997年に「トリプルボトムライン」(環境・社会・経済)を提唱したジョン・エルキントン氏によるワークショップを中心に、世界のサステナビリティ潮流の発信地である英国の企業や団体がどのように考え、取り組み、ビジネスを変えているのか。最前線を4日間の日程で体験します(下記の訪問先は予告なく変更されることがあります)

◆スタディプログラム内容(予定。参加者の希望を伺いながら絞り込みます)は下記の通りです。
[テーマ1]ビジネスを根本から変える、持続可能な将来を見据えて行動する。
「トリプルボトムライン」を提唱したジョン・エルキントン氏が運営する社会的企業「Volans Ventures」を訪問し、同社チームとともに、ワークショップ形式で議論します。環境や人権問題などのメガトレンドに企業はどう取り組むべきか。社内外の障害をどう乗り越え、既成概念や既存のビジネスを変え、ビジネスとサステナビリティの「二兎」をどう追うのか考えます。

[テーマ2]サーキュラーエコノミー/海洋プラスチック問題への取り組み
1:サステナビリティ先進企業訪問(マークス&スペンサー、テスコなど予定)
先進企業は「サーキュラーエコノミー」についてどのように考え、どう行動しているのか。例えば「使い捨てプラスチック」への対応を企業はどう進めているのか、取り組みについて取材し、日本企業は何をすべきかを考えます。
2:ロンドン郊外のスーパーマーケット訪問(Thornton’s Budgensを予定)
使い捨てプラスチックを10か月間で全て無くしたスーパーマーケットを訪問、社内外のステークホルダーをどうやって巻き込み、使い捨てプラ全廃を達成したかを探ります。
3:サーキュラー・エコノミーを推進する団体
(エレン・マッカーサー財団を予定)
同財団は、サーキュラー・エコノミーを世界に発信する団体として有名です。欧州でのサーキュラー・エコノミーの推進状況を確認するとともに、日本との違いを確認し、ギャップを埋めるためには何が必要かを探ります。
4:使い捨てプラスチック・フリーを目指すNGO
(プラスチック・プラネットを予定)
使い捨てプラスチックの使用を劇的に削減または全廃するために設立されたNGOを訪問します。英国で使い捨てプラスチックの使用を減らすために何が障害で、それをどう乗り越えようとしているのかを探ります。
[テーマ3]「食」とサステナビリティ
1:英国からレストランのサステナビリティを推進する団体の訪問(サステナブル・レストラン協会を予定)
レストランは、農家やサプライヤーと消費者をつなぐハブであり、外食におけるサステナビリティ推進のカギです。サステナビリティをどう確保しようとしているのか、その推進団体に取材するとともに、農家、サプライヤー、レストラン、また消費者からの話も聞き、農業や外食産業とサステナビリティの関係を考えます。
[テーマ4]ESG投資とサステナビリティ
1:ESG投資家や関連団体の訪問(交渉中)
日本でもコーポレートガバナンス・コードとスチュワードシップ・コードの発行により、投資家と企業によるESG対話が増えました。ESGサステナビリティ投資を行う投資家や関連団体に、ESG投資とエンゲージメントの潮流を取材します。
[テーマ5]まとめ
サステイナビジョン代表下田屋毅&オルタナ編集長・森摂とのワークショップ/振り返り

2019年9月5日(木)13:37

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑