「今こそ教育現場から気候変動対策を!――RE Action For Teachers」シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加

今こそ教育現場から気候変動対策を!
“RE Action For Teachers”

▼イベントフライヤーはこちらからダウンロードして頂けます

日時:12月2日(月)13:00~17:30
場所:衆議院第一議員会館大会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)

背景:
「私たちはあなたたちを注意深く見ています」

今年9月、スウェーデンの16歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんは、遅々として進まない気候変動対策に対し、世界に向けて怒りのメッセージを発信しました。日本でも大型台風の上陸が過ぎてもなお、被災地では非常時が続いています。

発電時にCO2を排出しない再生可能エネルギーは、気候変動対策の重要な施策として位置付けられています。世界では再生可能エネルギーへの転換が年々拡大する一方、日本ではその取り組みが遅れています。

こうしたなか、次世代育成を担う教育業界はどのように気候変動対策を講じ、そしてSDGs(持続可能な開発目標)に貢献できるのでしょうか。シンポジウムでは先進事例を学びながら、教育業界が果たす役割について議論します。

【プログラム】
※当日は原田義昭・前環境大臣によるご挨拶も予定しております

13:00-13:10 開会のご挨拶
大石英司(みんな電力代表取締役社長)

13:10-13:40 基調講演1:気候変動をめぐる世界の動向
江守正多氏(国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長)

13:40-14:10 基調講演2:社会と学校をつなぐ教育の未来デザイン
山藤旅聞氏(新渡戸文化学園教諭/Think the Earth/未来教育デザインConfeito)

14:10-16:00 パネルディスカッション:SDGs目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の実現に向けて

モデレーター:
山根小雪氏(日経エネルギーNext編集長)

登壇者:
鬼沢真之氏(自由の森学園理事長)
橋本隆子氏(千葉商科大学副学長)
井上一氏(星槎)
田口努氏(横浜YMCA総主事)
鈴木康平氏(自由学園 学園長補佐兼環境文化創造センター次長)

16:00-16:10 休憩

16:10-17:20 学生スピーチ
再エネを推進する各登壇校の学生が気候変動への取り組みについてプレゼンテーションを行います

17:20-17:30 閉会のご挨拶

※プログラムは予告なく変更される場合があります

対象:主に教育機関関係者、経営者向け(一般応募も可能)

定員:300名
参加費:無料(事前申込制)

主催:みんな電力
担当者連絡先:みんな電力株式会社 事業開発部 間内賢 03-6805-2228 mauchi(a)minden.co.jp
※(a)は@に変更して送信下さい
後援:グリーン購入ネットワーク、再エネ100宣言 RE Action協議会
協力:オルタナ

【申し込み方法】
申し込みはこちらから⇒ http://www.alterna.co.jp/28282
申し込み締め切り:11月26日(火)18:00
【問い合わせ】
オルタナ
電話番号:03-6407-0266
メールアドレス:info(a)alterna.co.jp
※(a)は@に変更して送信下さい

【会場までのアクセス】
衆議院第一議員会館大会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)
地下鉄 ■丸の内線■千代田線 国会議事堂駅 1番出口
地下鉄 ■有楽町線■半蔵門線■南北線 永田町駅 1番出口
※衆議院第一議員会館正面玄関右の入り口にスタッフがおります。通行証をお受け取り頂いて、会場にお入りください。

▼イベントフライヤーはこちらからダウンロードして頂けます

2019年11月1日(金)20:04

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑