変化が必要な現在、社史は価値創造へ(中畑 陽一)

中畑 陽一(ジョニー)
企業開示物・企画編集者
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで社史の役割の重要性や、社史を重視する資生堂の事例に触れてきましたが。最後にさらに踏み込み、社史とサステナビリティーとのつながり、その向こうに見える社史の新たなる地平について、可能性を探ってみたいと思います。

「価値創造」のコンテキストとしての歴史

社史の発行プロジェクトは、企業自身の持続可能性のみならず、企業が持続する前提となる社会の持続可能性や、社会との関係性を見直す最大のチャンスです。

そしていわゆる「価値創造」の歴史的再構築が可能となるのも社史編纂という未曽有の事業なのです。以前取り上げた『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済社)において、成長より継続を重視した企業の地域コミュニティーとの結びつきの重要性が説かれています。

今やいかなる企業も社会との価値観の共有やバリューチェーンへの責任を軽視することは、その企業自身の存在価値と存続可能性に影響します。

持続可能な経営を実現させるということは、それ自体が持続可能な社会との親和性が高いということでもあります。なぜなら、企業が「儲け」を何十年、何百年と出し続けていくためには、多くのステークホルダーと長い関係性を築き上げ、信頼し続けてもらう必要があるからです。

そして企業の歴史には、その企業の存続理由、コアとなる強み、社会との関係性などがコンテキストとなって幾重にも積み重なっています。いくつか事例を見てみましょう。

企業のルーツや社風に見る「本物」の精神

ページ: 1 2 3 4

中畑 陽一(ジョニー)
企業開示物・企画編集者
大学時代に『懐疑主義』を追求する過程で、日常性への回帰を目論み、地域活性化を志す。地元の飛騨高山にてタウン誌編集や地域活性化イベントなどを行った後、上京。デジタルハリウッド大学院に通いつつNPO法人BeGood Cafeやgreenz.jpなどの活動に関わり、資本主義経済の課題を認識。その後某証券系印刷会社にてIR及びCSRディレクターを務め約70の上場企業の情報開示支援を行う。その後、中京地区での企業の価値創造の記録としての社史編集業務を経て、現在は自動車部品メーカーの広報・サステナビリティ関連業務に従事。

2020年1月8日(水)12:21

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑