■クラウドファンディングで資金集め

新井さん自身も独立型ソーラーシステムを使う。屋根にソーラーパネルを取り付けた軽自動車を運転し、車中泊しながら全国を取材。ためた電気をパソコンやスマホなどの電源として使う。「電気のためだけに宿を取らずに済むので、取材費を節約できる(笑)」という。

取材では、自宅に独立型太陽光発電を取り入れ、電力会社に頼らずに生活している「先達」に学ぶのが目的だ。まず今年春に四国を訪問。そして秋から関東を手始めに、来年夏までに西日本、東北、北海道を巡る。

取材費用はクラウドファンディングでまかなう。58万円の目標額に対して50万円まで集めた。募集締切は28日。新井さんは「1軒でも多く取材したいので、満額達成を目指したい」と意気込む。

支援者には金額に応じて、取材をまとめた小冊子や独立型ソーラーシステムなどを進呈。また、最終的には取材成果を書籍にまとめる予定だ。

電力会社からの送電を使わずに、ソーラー発電などで暮らし始めた人たちを紹介したい!(新井さんによるクラウドファンディング)

1 2