オフィスの古紙を宅配便で回収・再生する「PELP!」プロジェクトを進める山陽製紙、99%以上のリサイクル率を達成する総合リサイクルのナカダイ、「顔の見える電力」として自然エネルギー事業を行うみんな電力と、同フォーラム会員3社が取り組みを紹介した。

CSR経営者フォーラムの徳江倫明会長は「社会課題の解決を前提に、小さくてもキラリと光る企業群が集まったグリーンな経団連を目指したい」と述べた。

CSR経営者フォーラムの徳江倫明会長は「小型の、地域に密着した事業の形成が求められる」と述べた

オフィスで出た古紙の再生を通じ「再生前の紙よりも価値の高い紙づくりを進めたい」と話す山陽製紙の原田千秋専務取締役

ナカダイ常務取締役で、モノファクトリーの中台澄之代表は「循環を前提としたモノづくりのスキームが求められる」と指摘した

「コンセントの先に生産した人の顔が見える電力を目指している」と話すみんな電力の大石英司社長

1 2