HISのパーム油発電所建設中止を求め、環境団体が署名活動

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)の子会社H.I.S. SUPER電力(東京都新宿区)は現在、宮城県角田市にパーム油を燃料とする発電所を建設している。「H.I.S.角田バイオマスパーク」である。総出力は41.1MW、予想年間発電量は約35万MWh。発電所の運転開始は2020年3月の予定だ。

この発電所に対し、多くの環境団体や有識者が反対の声をあげている。中止を求める署名活動も進行中だ。7月30日にも環境団体は、約15万筆の署名を提出した。

HISは、環境に配慮したRSPO認証のパーム油を使用するとしてパーム油発電にこだわるが、反対する団体は「需要が拡大すれば新たな熱帯林開発のプレッシャーがかかることは確実」であると主張している(ウータン・森と生活を考える会『ウータン森の通信』)。

現在、国内で稼働が確認されているパーム油発電所は、エナリス(37MW)、神栖パワープラント(39MW)、三恵エナジー(2MW)の3件だが、角田市の発電所(41MW)が稼働すると最大規模となる。

 

緊急連載■バイオマス発電の限界と可能性(上)県が積極支援の前橋バイオマス発電、住民訴訟が結審

1 2 3