【連載】人と魚の明日のために

大気中の二酸化炭素の濃度が高まることによって起こる海水温度の上昇が、世界の漁業に大きな影響を与え始めていることが各地の海から報告されている。

濃度上昇の影響で海水に溶け込む炭酸の量が増え、海水の酸性度が徐々に高くなっていく「海洋酸性化」が進んでいることも分かり、将来、漁業や海の生態系に悪影響を与るのではないかと心配されている。