ポイントは、「ありたい姿」の定義です。よく日本では中長期目標を定めるとゴールを「必達目標」と認識してしまいます。「それは間違い」と後藤氏は指摘します。中長期目標のゴールは、プライオリティ&アスピレーションであり、必達目標ではないと言い切ります。

例えば2050年までの長期目標を策定するときの「ありたい姿」はこう考えます。

「2050年までに想定される制約条件をクリアしている姿が『ありたい姿』です。日本では2050年の制約条件として、脱炭素、高齢化率45%、人口減少があり、さらに石油由来のプラスチックの使用が不可になったり、鉄以外のメジャーなメタルのほとんどが枯渇していたりするかもしれません。会社として、これらの制約条件をクリアした姿を描いてください。そして、クリアするために今から何をすべきなのかを考えてください」(後藤氏)。

ありたい姿を描いた次に、現時点から到達するまでの発展戦略を考えていくのですが、その際に重要なのが、「企業戦略とSDGsやTCFDの対応戦略の一体化」です。それぞれのイニシアチブに合わせて対応戦略を考えるのではなく、企業の発展戦略と一体化させて考えることが必須になります。

後藤敏彦・NPO法人日本サステナブル投資フォーラム理事・最高顧問の講義内容(90分)の動画を期間限定で販売しています。価格は6500円~(視聴可能期間、共有人数によって価格は変わります)です。購入希望の方は、csr(@)alterna.co.jp までご連絡ください。*(a)は@に変えてください。
お試し動画(5分)はこちら
サステナビリティ(SUS)部員塾はこちら

1 2