【連載】エシカルファッションの旗手たち

最高品質のウールを認証しているウールマークのもう一つの顔が、インターナショナル・ウールマーク・プライズだ。今でこそ、ファッション・デザイナーを発掘し、応援する賞は数々あるが、最古参とも言えるのがこのプライズだ。1950年代初頭から続くファッション界の未来のリーダーに与えられる、世界で最も著名な賞であり、新進気鋭のデザイナーを見い出し育てる最も歴史のある賞でもある。

2020年のプライズでは、テーマが設けられた。それが「サステナビリティ」。この賞を主催するザ・ウールマーク・カンパニーは、6万件の牧羊業者を代表する非営利組織だ。早くからサステナビリティ、トレーサビリティを徹底させているが、2020年はサステナビリティへの更なる強化を図っている。

この賞に対しての世界各国からの応募者は300人余り。その中から選ばれた最終選考に残った10人が、それぞれの視点からメリノウールの魅力とサステナビリティの工夫に取り組み、未来に向かう最高にクールなモードを創造した。

最終選考に残った若手デザイナー10人がグローバルファイナルに挑戦した

審査員は、多様な顔ぶれだ。「ディオール・メン」のキム・ジョーンズ、英国版ヴォーグ編集長エドワード・エニンフルなど、著名なデザイナー、エディターと並び、日本から招かれたのがアーティストの村上隆だ。

アンバサダーに冨永愛やカレン・エルソンら