【連載】オルタナティブの風 

この国が君のために何を為し得るかを問うことなかれ。君がこの国のために何を為し得るかを問いたまえ。このケネディの言葉のごとく、民主主義とは、国民が選挙を通じて政治家や政党を選び、その選択によって民意を示すことではない。民主主義とは、本来、国民自らが国づくりに参加することに他ならない。

その本来の意味が見失われてしまったのは、永く続いた「代議制民主主義」の下で、いつのまにか、我々国民は、選挙で民意を表明する立場であり、政治家と官僚は、選挙で示された民意に従って税金を使い、この国の運営を任される立場であるという固定観念が生まれてしまったからである。

しかし、そうした「お任せ民主主義」がもたらしたものは、慢性的に進む官僚機構や行政機構の肥大化であり、歯止めの効かない税金の無駄遣いや不透明な行政、不明朗な利権構造や政治家と官僚の不正や腐敗であろう。