【連載】藻谷浩介の『ファクトで考えよう』(2)

「何とかこの場をしのぎたい」というのは、生き物の本能だ。だからといって人間の場合、「その場しのぎ」は禁物である。

今だけ、この場だけ、受けている攻撃や指弾を、目の前の敵や糾弾者から、はぐらかし通すことでしのぐ。さらには、問題の本体ではなく、問題の指摘の方を封じようとする。

前首相とその周辺が連発したのも記憶に新しいこのやり方を、「その場しのぎ」という。しかし、しのぐこと自体が自己目的化する結果、しのぐほど問題の根は放置され、再発が繰り返される。

新型コロナウイルス問題の場合はどうか。政治家やマスコミのみならず、専門家の中にまでいる「ゼロコロナ」論者は、問題の根本解決には、ウイルス根絶あるのみと考える。「経済も命も」と中途半端なことを言って、いつまでその場しのぎを続けるのかと。だが実は、ゼロコロナ状態の方が、その場しのぎなのではないか。

ワクチンの副作用、民主主義国で強制接種できるか

1 2