ポストコロナは、様々なパンデミックが到来する時代。では、それに耐え得る社会とは何か。田坂広志教授は、それは「デュアルモード社会」であると提言する。それは、どのような社会か。どうすれば、その社会を実現できるのか。(寄稿:田坂 広志=多摩大学大学院名誉教授)

いま、世界中を深刻な危機と混乱に陥れている新型コロナ感染症。

しかし、もしこのコロナ危機が去っても、将来、新たなウイルスによるパンデミック危機は、必ず、何度も到来する。そのこと、我々は覚悟しておかなければならない。