ALTキーワード:クリーンビューティー

近年、化粧品業界で台頭した概念の一つにクリーンビューティーがある。定義はブランドごとに異なるが、狭義では「人体に有害の恐れがある成分を使用しない化粧品」を意味する。(新語ウォッチャー・もり ひろし)

考え方が台頭したのは米国市場。欧州に比べて化粧品成分の規制が緩い現状が背景にある(EUの規制成分は約1300種、米国は11種)。

似た概念にナチュラルコスメ(自然由来成分を使用)やオーガニックコスメ(有機栽培植物を使用)もあるが、クリーンビューティーの場合は「有害性の多寡」に焦点があたっていると考えていいだろう。

ただ概念の守備範囲はブランドにより異なる。広義では以上に加えて①地球環境に配慮されている(エコロジカル)②動物実験をしない(クルエルティフリー)③人権などの社会的責任にも配慮されている(フェア)④追跡可能性が確保されている(トレーサビリティー)などの項目を含める場合もある。現状、消費者はブランドの真意を掴むのに注意が必要となる。

これに加えて消費者は「有害性」に関するブランドの主張を科学的根拠(どんな成分をどの目的でどの分量使うと有害なのか)に基づき監視する必要もある。