「死者いない」高市政調会長、原発発言を撤回し謝罪

このエントリーをはてなブックマークに追加

自民党の高市早苗政調会長は「(東電原発事故によって)死亡者が出ている状況にない」とする自らの発言について19日午後、党本部で記者団らに「私が申し上げたエネルギー政策のすべての部分を撤回する。福島県の皆さんが私の発言で大変つらい思いをされ、怒りを覚えたとしたら申し訳ない」と述べ、謝罪した。

高市早苗氏(内閣府ウェブサイトから引用)

高市氏は17日に神戸市で「原発は稼働中のコストが安い。これまで事故は起きたが福島第一原発の事故も含めて死亡者はいない。最大限の安全性を確保しながら活用するしかない」と語り、党内外から強い批判を浴びていた。

自民党福島県連の平出孝朗幹事長と吉田栄光筆頭副幹事長は19日午前、党本部を訪れ、高市氏の発言撤回を求める県連の抗議文を執行部に提出。抗議文は「原発事故で福島県民は苦しい状況に置かれており、今も約15万人が避難している。避難などに伴い1400人もの災害関連死が認定されており、発言は全く県民にとってはなじめない」などとする内容で、東電原発事故による福島県民の窮状を訴えている。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

2013年6月19日(水)17:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑