消防服をバッグに――上野にエコブランド店10月30日オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレスリリース】

関東初出店!
「消防服」「フローリング」などの産業廃棄物を
バッグに美しく再生する『MODECO』が
10月30日(水)松坂屋上野店にオープン

燃えない!『消防服』リメイクバッグ

サリーレーベル(愛知県名古屋市、水野浩行社長)は10月30日、松坂屋上野店内にバッグブランド「MODECO(モデコ)」を出店いたします。「モデコ」名古屋本店・大丸京都店・松坂屋名古屋店に続き、4店舗目にして初の関東進出になります。

URL: http://www.modeco-brand.com/

■産業廃棄物がバッグに生まれ変わる

『フローリング』の端材がバッグへ

「モデコ」は、消防服やフローリング、シートベルト、ネクタイシルク、ブーツ生地の製造過程で発生する端材などの、多種多様な産業廃棄物をバッグに生まれ変わらせます。デザイン性が高く、更に手にする事で自然と環境配慮へとつながり「オシャレにエコロジーを楽しむ」革新的な次世代ブランドです。

 

■「アップサイクル」の第一人者
近年、アメリカで発祥し、浸透しつつある「アップサイクル=質の向上を伴う再生利用」。これを日本でいち早く実践したブランドとしてテレビ東京「ガイアの夜明け」や日本テレビ「未来シアター」などで紹介いただきました。

■高級百貨店にリサイクルブランドが出店
従来、百貨店では「リサイクル」などは格式を下げるイメージとして、取り扱うことに抵抗が見られました。しかし、昨今の環境意識の高まりにより、エコロジーであることが価値を持つ時代になり「リサイクル」は良い事、更に言えば格式を上げるイメージに変化してきています。

これまで高級志向だったお客様や、特に時代の変化に敏感なヤングミセス層に、『モデコ』の商品やコンセプトが受け入れられています。顧客の高齢化が進みつつある百貨店業界において、『モデコ』の百貨店への出店は、新しい顧客層の取り込みにもつながるとのご期待をいただいております。

■オープン概要
オープン日:2013年10月30日(水)
価格帯:4500円~47250円
店舗面積:約20平方メートル
営業時間:10:00~20:00
所在地:東京都台東区上野3丁目29番5号 2階
取り扱い項目:レディース・メンズバッグ、財布、ポーチなど

グランドオープンイベント:10500円(税込)お買い上げの方にポーチをプレゼント(限定30名様)、また、パターンオーダーも開催いたします。

【リリース発行元】
SALLYLABEL(サリーレーベル)株式会社
愛知県名古屋市中区大須2-30-7 2F
URL: http://www.modeco-brand.com/

2013年10月17日(木)22:01

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑