「サステナビリティレポート2013」 第17回環境コミュニケーション大賞“優秀賞”を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
サステナブル社会実現に向け、社会課題解決を目指した環境・CSR活動の報告書
「サステナビリティレポート2013」第17回環境コミュニケーション大賞“優秀賞”を受賞

積水ハウス株式会社(社長:阿部俊則、本社:大阪市北区、以下「積水ハウス」)の環境・CSRに関する活動の報告書「Sustainability Report(サステナビリティレポート)2013」(2013年5月発行)が、第17回環境コミュニケーション大賞(主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム) の環境報告書部門において“優秀賞”を受賞しました。

「サステナビリティレポート2013」では、東日本大震災からの復興に向けた活動報告をはじめ、持続可能な社会の実現に貢献するスマートタウン「スマートコモンシティ」の取り組みや、国際事業の展開、ステークホルダーとの「共創」で新たな住文化を創造する業界初のオープンイノベーション拠点「住ムフムラボ」について取り上げています。また、環境大臣との「エコ・ファーストの約束」に基づき当社グループが事業活動を通じて積極的に推進している「1.家庭部門及び事業活動に伴うCO2排出量削減」、「2.生態系ネットワークの復活」、「3.資源循環」のそれぞれの取り組みについて、実例や具体的な数値データを交え紹介しています。さらに、WEB版※では280項目以上にわたる豊富な情報量で、冊子版よりも詳しく取り組みを紹介しています。

積水ハウスグループは、快適な暮らしを先進の技術で実現するというブランドビジョン「SLOW &SMART」に基づき、あらゆるステークホルダーとともに、時代の要請に応える新たな価値を提案する環境・CSR活動に取り組み続けることで、さまざまな社会課題を解決し、持続可能な社会構築を目指します。

※ホームページでの閲覧、PDF版ダウンロードも可能です。http://www.sekisuihouse.co.jp/sustainable/2013/index.html

本件に関するお問合せ
積水ハウス株式会社広報部
(大阪)TEL06-6440-3021 (東京)TEL03-5575-1740

2014年3月18日(火)15:04

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑