社会課題解決には「チャリティーより企業」【CSR フロンティア】

原田勝広
オルタナ論説委員
このエントリーをはてなブックマークに追加

逆に、障がい者、高齢者施設関連のボランティア・プログラムには学生があまり集まらなかった。これをどう考えたらいいのか。単なるボランティア離れなのか、そうではなく、チャリティー(慈善)を超えて、社会的影響力のある活動に関心が移っているのか。

今年は6月にこのイベントを実施する。現在学生を募集しているが、例えば、こんなプログラムが人気だ。

▼株式会社キッズベースキャンプの「キッズコーチとして子どもたちと関わるなかで、民間保育について知ろう!」
▼株式会社フェアリーランドの「フェアリーランドで園児と触れ合おう!」
▼株式会社ユーズの「天ぷら油で世界を変えるビジネスに触れよう!」
▼株式会社セールスフォース・ドットコムの「IT企業だからできる社会貢献~丸の内オフィスでボランティア」
▼株式会社資生堂の「化粧の力を実感しよう」

■「子ども」「環境」も企業の力で

ページ: 1 2 3

原田勝広
オルタナ論説委員
日本経済新聞記者・編集委員として活躍し日本新聞協会賞を受賞。明治学院大学教授に就任後の専門はCSR論、NGO・NPO論、社会起業家論。2018年より現職。著書は『CSR優良企業への挑戦』『ボーダレス化するCSR』など多数。

2015年7月28日(火)14:54

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑