ソフトバンク、非営利団体にペッパーを3年間無償貸出

このエントリーをはてなブックマークに追加
ペッパーとの会話やゲームを楽しむ子どもたち(熊本の避難所)

ペッパーとの会話やゲームを楽しむ子どもたち(熊本の避難所)

ソフトバンクグループは人型ロボットの「ペッパー」をNPO法人などの非営利団体や公立小中学校へ3年間無償で貸し出すプログラムを実施する。ペッパーを活用して社会貢献につながる取り組みやプログラミングの授業を実施することを条件に公募を行う。ペッパーはこれまでに熊本地震の避難所や障がいのある子ども向けのプログラミング教室などで活用されている。

熊本では長期化する避難所生活でのストレス軽減に取り組むために、ペッパーを活用した。避難所となっている西原村と益城町の小学校を6月に訪れ、ペッパーとの会話やゲームを楽しんでもらった。子どもからお年寄りまでが楽しむことができるペッパーには100種以上のアプリが導入されている。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2016年11月22日(火)15:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑