花王と熊谷市、暑さ対策でプロジェクト発足

このエントリーをはてなブックマークに追加

きもちいいぞ!熊谷プロジェクト

 Sustainablebrands.comから翻訳・転載]花王と埼玉県熊谷市は、6月30日から「きもちいいぞ!熊谷プロジェクト」を開始する。関東平野内陸部に位置する熊谷市は、夏になると高温になりやすく、熱中症予防などを推進している。2017年は花王の協賛を得て、入浴剤を使った「クールダウン浴」を啓発し、暑さ対策の情報発信を強化する。(松島 香織)

 花王は「企業が商品やサービスを通じて熱中症対策をサポート・啓発を行う」趣旨に賛同し、2016年から一般財団法人日本気象協会の「熱中症ゼロへ」プロジェクトのオフィシャルパートナーとして協賛している。

 今回の熊谷市への協賛について、同社ヒューマンヘルスケア事業ユニット パーソナルヘルス事業グループ インバスヘルスケア担当の田中佑樹氏は、「熊谷市は暑さ対策に積極的に取り組んでおり、当社が提案する『クールダウン浴』で貢献できるのではないかと考えました」と説明する。

 暑い時期は、シャワーだけになりがちだが、だるさや疲れを緩和するためには入浴が重要だといわれている。クールダウン浴は「37℃くらいのぬるめのお湯に10分程度浸かる」入浴法。血行が促進され、副交感神経が活発になり、リラックス状態になる。入浴剤に清涼成分(メントール)が入っていると湯上りがさっぱりするという。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年6月9日(金)22:12

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑