人権がトレンドとなる時、映画祭をきっかけに

三輪 昭子
任意団体)エシカルインスティテュートなごや副代表

2017年度の年頭挨拶のキーワードから

さて、年度が変わって4月になると、私が関わっているふたつの市の人権に関わる委員会で、その部署の責任者は、LGBTについて強調する年度始めの挨拶をされました。また、昨年の秋あたりから企業のダイバーシティ施策が採られてることが公表され始めました。

ダイバーシティ施策と言えば、「女性」に光があたりがちでした。女性に活躍する場をと行政や民間企業でも女性雇用の機会拡大を狙った対応をしてきました。男女共同参画社会を築く施策を講じてきたのです。

それも、まだまだ不十分という状態の上に、2020東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトに「多様性と調和」が掲げられる中、幅広いニーズに対応する意識をもたねばならないという企業が増えているのです。

例えば、日本IBMでは同性パートナーの登録制度を設け、結婚祝い金などの慶弔見舞、育児・介護休暇、転勤時の別居手当など同性婚カップルにも福利厚生を適用しています。パナソニック、野村証券、ソニー、NTT、ソフトバンクなども同様の支援を導入したようです。

教育現場からLGBTを考えていかねばならないとして、教員養成大学の愛知教育大学では学生たちを中心に「BALLoon」という支援団体を組織し、セクシャルマイノリティーを一人でも多くの人が「知る」ことを目的として、学内の勉強会や講演会などのイベント計画・運営を中心に活動しています。

NLGR+(Nagoya Lesbian & Gay Revolution Plusの略で、名古屋で開催されるセクシャルマイノリティのお祭り。2017年は5月27、28両日開催された。)や虹色どまんなかパレード(2012年から毎年秋に名古屋で開催されているLGBTパレードのこと。栄地区一帯で当事者と理解者によるパレードを行い、LGBTの存在を社会にアピールし、理解をよびかける。2017年は9月16日に開催予定。)など、愛知県内のイベントに参加することもあるようです。

世界的イベントはエシカルにつながる

ページ: 1 2 3 4

三輪 昭子
任意団体)エシカルインスティテュートなごや副代表
愛知教育大学大学院修了(教育学修士)。愛知学泉大学現代マネジメント学部准教授を経て、現在は愛知大学の国際問題研究所の客員研究員、名古屋女子大学、名城大学、日本福祉大学、静岡英和学院大学で非常勤講師を兼務。名古屋地区を中心にエシカル消費、SDGsなどの普及、啓発活動を行なっている。NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)理事、東海SDGsプラットフォーム創設メンバー。著書に、『映画で地球を読むー地球市民のための教養講座』黎明書房から2009年発行。2019年5月に新著『身近でできるSDGsエシカル消費』全3巻(さ・え・ら書房)が発行。

2017年8月28日(月)10:32

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑