「CDP Aリスト」発表、企業の環境への取り組み評価

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際NPOのCDPは24日、気候変動、水、森林の全体の分野における取り組みに関する質問書への企業の回答結果を分析、スコアリングした「CDP Aリスト 2017」を発表した。回答した企業は世界の主要企業3300社以上。3分野のすべてにおいて最高評価のAを獲得したのはユニリーバとロレアルの2社だった。日本企業では、「気候変動」と「水」の2分野において6社がA評価を同時獲得している。(オルタナ編集部=沖本啓一)

気候変動分野の質問書に回答したのは世界で2359社。気候変動対策に最も優れるとして「気候変動Aリスト」に選定されたのは112社だった。このうち日本企業は以下の13社。

ソニー

住友林業

トヨタ自動車

キリンホールディングス

MS&AD インシュアランスグループホールディングス

SOMPOホールディングス

川崎汽船

小松製作所

三菱電機

ナブテスコ

富士通

コニカミノルタ

リコー

水分野の質問書に回答した企業は171社で、「ウォーターAリスト」に選定されたのは72社だった。このうち日本企業は以下の12社。

ソニー

ブリヂストン

日産自動車

トヨタ自動車

キリンホールディングス

サントリー食品インターナショナル

小松製作所

クボタ

三菱電機

富士フィルムホールディング

富士通

三菱ケミカル

 

森林分野の質問書に回答した企業は206社、「フォレストAリスト」に選定されたのは6社で日本企業は含まれていなかった。

 

グローバル企業ではロレアルとユニリーバの2社が「気候変動」「水」「森林」の3部門すべてでA評価を獲得しており、日本企業では6社が「気候変動」と「水」分野のダブルで「Aリスト入り」をしている。

2017年10月24日(火)15:57

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑