A-PAD、ノーベル平和賞へ

鵜尾 雅隆
日本ファンドレイジング協会代表理事
このエントリーをはてなブックマークに追加

「この取り組みは、いつの日かノーベル平和賞につながるかもしれない」。2 0 1 2 年10月、Asia Pacific Alliance for DisasterManagement(A-PAD)が新たな地域国際機関として発足したことを記念し、東京で開催されたシンポジウムで、モデレーターの村尾信尚氏(関西学院大学教授、ニュースキャスター)はこう語った。

A-PADは企業とNGOが連携して災害支援を行う地域国際機関であり、元々のコンセプトは2000年、日本にできたジャパンプラットフォーム(JPF)から来ている。

JPFは災害時や人道危機において、支援を行いたい企業や政府と現地で支援活動をするNGOを結びつける仕組みで、2000年に誕生して以来、これまでに400億円を超える資金がJPFを通じて国際NGOに提供されている。

この、外務省、経団連、数十の国際協力NGOが連携して発足したJPFのモデルに共感したアジア各国が、同様の経済界・NGO連携プラットフォームを各国につくっていこうという機運が高まり、日本、韓国、インドネシア、フィリピン、スリランカ各国にプラットフォームをつくり、それらをつなぎ合わせて地域国際機関にすることになったのがA-PADである(現在はバングラデシュも参加)。

■この続きは雑誌オルタナ53号に掲載されています

鵜尾 雅隆
日本ファンドレイジング協会代表理事
日本ファンドレイジング協会代表理事。国際協力機構、米国Community Sharesを経て、ファンドレイジング戦略コンサルティング会社ファンドレックス創業。日本ファンドレイジング協会の創設に携わる。米国ケースウエスタンリザーブ大学非営利組織経営管理学修士、インディアナ大学The Fundraising School修了。著者に『ファンドレイジングが社会を変える』など。

2018年7月18日(水)16:50

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑