免疫力を上げる食生活とは(KIYO)

■オルタナ本誌60号 KIYOの哲学 考察編から

私たちの体には「免疫」という機能が備わっている。免疫が十全に働いていれば、疾病に陥る確率は低くなるが、分かっていることは意外と少ない。

第一に免疫とは何ぞや、という問いに対する答えは、自己と非自己を分ける装置である。例えば非自己である細菌やウイルスは自然界に無数に存在し、日常的には私たちと共生している。

だから、私たちの体内に侵入してこなければ、私たちはそれらに対して寛容だが、体内に侵入しようとすると免疫が働いて、非自己を排除し、自己を守るために、それらを殺してしまう。

何らかの理由で免疫力が低下している場合には、殺しきれないこともあり、細菌やウイルスが体内で培養されてしまうと、私たちの体は次の段階の新たな戦いを繰り広げることとなる。その戦いに勝てば健康を取り戻すが、負ければ場合によっては死に至ることもある。

免疫力を低下させてしまう原因の一つは、生活習慣病などの慢性疾患だ。

細菌に関しては、それを撲滅するための薬剤が開発されてきたのだが、ウイルスに関しては無力に等しく、特効薬もなければ、開発されているワクチンも限られていることが多い。

*この続きは雑誌「オルタナ」60号(第一特集「循環経済(サーキュラーエコノミー)はR(リサイクル)よりもR(リデュース)」、3月30日発売)に掲載しています。

2020年6月10日(水)12:10

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑