名門校の授業をオンラインで受講

■オルタナ本誌61号 「世界のソーシャルビジネス 北米編 米国」 から

インターネットが普及し、学習手段の可能性が広がった2011年、米スタンフォード大学で大規模公開オンライン講座(通称MOOCs/ムークス)のプラットフォームが3つ立ち上がった。その1つ「コーセラ」は、瞬く間に人気を集め、2019年には1億300万ドル(約112億円)の資金調達に成功し、ユニコーン企業に名を連ねた。 (寺町 幸枝)

コーセラ内には大学毎のページも用意されている ©Coursera/東京大学


「世界最高の教育を、受講したい人が誰でも受けられるようにしたい」。こうした思いで、スタンフォード大のコンピューターサイエンスの教授だったダフ二・コラーとアンドリュー・ンは「コーセラ」を立ち上げた。

すぐにプリンストン大やミシガン大をはじめとする全米の名門校と提携し、授業提供を開始。その後、イギリスやブラジル、日本や韓国といった海外大学との提携を広げていった。

*この続きは雑誌「オルタナ」61号(第一特集「新型コロナと持続可能性」、6月30日発売)に掲載しています

2020年9月18日(金)9:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑