--日本に続いて、欧州連合(EU)ベースでも2008年に人口のピークを迎える。ドイツでも、2050年の人口が現在より2300万人も少ない5900万人との予測が出ている。イタリアもフランスも同様だ--(引用終わり)

ところが最近(2012年12月)、EUでの人口推移を調べて、驚いた。

フランスではその後も人口が増えている。2005年に6096万人だったのが、2012年には6241万人と、150万人も増えた。

イタリアでは、2005年の5846万人から、2012年には6089万人に達した。イギリスも2005年の6024万人から6307万人に増加している。ドイツだけが微減の状況だ。2005年の8246万人が、2012年には8177万人となった。

EU全体の人口増減率は、この数年0.1-0.15%で推移していたが、2010年には0.2%と跳ね上がった。(Population Division of the Department of Economic and Social Affairs of the United Nations Secretariat, World Population Prospects: The 2010 Revision)

日本の人口減少問題については楽観論者と悲観論者がいるが、楽観論者の根拠の一つに「人口減少は、日本だけの問題ではない」という主張がある。

計画的な移民移入を続けている米国は別として、「人口減少は先進国共通の現象であり、抜本的な解決策はない」と多くの日本人が信じ切った。

ところが、この数年間、日本が人口問題を放置している間に、特に欧州各国は着々と手を打っていたのである。

人口減少の「バス」に、先進各国(特に西欧)と一緒に乗っていたはずが、気が付けば、欧州諸国はその「バス」から飛び降りてしまっていた。日本だけが、人口減少社会めがけてひた走っている現状だ。

1 2 3