独で再エネ比率52%、GHG排出量は過去70年で最低に

記事のポイント


  1. ドイツは2023年、GHG排出量を過去70年で最低レベルに抑えた
  2. 再生可能エネルギーの生産拡大と石炭使用の大幅な減少が要因だ
  3. 総電力消費量に占める再生可能エネルギーの比率は52%と過去最高になった

ドイツは2023年、温室効果ガス(GHG)排出量を1950年代以来最低の水準に抑えた。再生可能エネルギーの拡大と石炭使用を大幅に減少したことが要因だ。同国は2023年、最後の原子力発電の運転を終了し、脱原発を完了した。同国の総電力消費量に占める再エネ比率は、前年比5ポイント増加の52%で、通年で初めて50%台を超えた。(オルタナ副編集長=北村佳代子)

ドイツの2023年の排出量は1950年代以来最低の水準に
北村(宮子)佳代子(オルタナ副編集長)

北村(宮子)佳代子(オルタナ副編集長)

オルタナ副編集長。アヴニール・ワークス株式会社代表取締役。伊藤忠商事、IIJ、ソニー、ソニーフィナンシャルで、主としてIR・広報を経験後、独立。上場企業のアニュアルレポートや統合報告書などで数多くのトップインタビューを執筆。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー。2023年からオルタナ編集部。

執筆記事一覧
キーワード: #脱炭素

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..