ガザ地区、南スーダンなど59ヵ国・地域で約3億人が飢餓に

オルタナ77号「農業トピックス」49

紛争が飢餓の要因に

欧州連合(EU)、国連世界食糧計画(WFP)、国連食糧農業機関(FAO)などは4月、共同で「食糧危機に関する世界報告書」の最新版を公開。59ヵ国・地域で約2億8200万人が飢餓状態にあると報告した。

報告書は飢餓の主な原因として「紛争の激化」、「異常気象」、「経済的ショック」の3つを挙げる。紛争が続くガザ地区では人口の約半分にあたる110万人が、南スーダンでは8万人近くが、7月までに「壊滅的な飢餓」に陥ると警鐘を鳴らす。

異常気象では猛暑や干ばつによって18ヵ国7700万人以上が飢餓に直面し、その数2022年の12ヵ国5700万人から大幅に増加した。経済的ショックとは、輸入食糧への依存や通貨安、物価高などを意味し、21ヵ国7500万人が影響を受ける。

報告書は、食糧システムの変革や農業開発に向けた長期的な投資とともに、人道支援や「平和」の必要性も強調する。

editor

オルタナ編集部

サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」は2007年創刊。重点取材分野は、環境/CSR/サステナビリティ自然エネルギー/第一次産業/ソーシャルイノベーション/エシカル消費などです。サステナ経営検定やサステナビリティ部員塾も主宰しています。

執筆記事一覧
キーワード: #SDGs

お気に入り登録するにはログインが必要です

ログインすると「マイページ」機能がご利用できます。気になった記事を「お気に入り」登録できます。
Loading..