大学でのSDGsも加速しています。大学は学びの場であり、SDGs目標4の「質の高い教育」の最も重要な担い手です。千葉商科大学ではRE100大学を達成し、教育と発信に力を注いでいます。特に「ハートウエア」という考えは、世界のモデルになる取り組みです。(伊藤園 顧問=笹谷 秀光)

千葉商科大学で講義する筆者

■RE100大学

RE100とは、もともとは事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げるイニシアチブで、「Renewable Energy 100%」の頭文字をとっています。企業が参加するイニシアティブで2014年に発足しました。

記者会見の様子

千葉商科大学は企業ではありませんので、「RE100大学」を達成です。同本学は、近くの野田市にメガソーラー野田発電所を持っています。そして、「本学所有のメガソーラー野田発電所等の発電量と千葉商科大学の消費電力量を同量にする」ことを2018年度目標にしていました。これを達成しました。(※2018年度の目標としていた1年間の電力での自然エネルギー率が101.0%、自然エネルギー率とは創出エネルギー量を消費エネルギー量で割った値(小数点第二位以下を切り捨て) https://www.cuc.ac.jp/news/2018_2/mstsps0000018ldg.html

メガソーラー野田発電所)
写真は千葉商科大学ホームページから

  

■学長プロジェクト

1 2 3