LIMEXは、TBM(東京・中央、山﨑敦義社長)が販売する製品で、石灰石とプラスチックの複合品だ。同社ウェブサイトは「LIMEXは、石灰石に由来する炭酸カルシウムなど無機物50%以上と、ポリプロピレンなどの樹脂の複合材料であり、紙やプラスチックの代替となる日本発の新素材」と説明する。

経済産業省の「産業技術メールマガジン」によると、LIMEXは粉砕した石灰石と樹脂を均一に混ぜ合わせることで、紙の様にもプラスチックの様にも作ることができ、どちらの代わりとしても使えるという。

紙の代替品としてのLIMEXは、ポリプロピレンなど石油由来の樹脂約0.2〜0.4トンに石灰石約0.6〜0.8トンを載せて、合計1トンの「紙」を作る。

同社は以前、台湾で生産されたストーンペーパー(石灰石にポリエチレン樹脂を配合)を輸入販売していた。しかし、厚さなど品質が安定せず、コストも割高だったことから自ら改良した結果、「従来のストーンペーパーより大幅に軽く、品質も高く、しかも安くつくることができた」という(同社ウェブサイト)。

■「地球上の石灰岩がすべて熱分解すると気温300度上昇」

1 2 3