今回は、小さなシールのお話でしたが、今後、さまざまな企業のサステナビリティ・ESGの担当者と、現場の営業・マーケティング担当者の間で同様の議論が増えそうです。

一つでも多くの商品を売りたい現場と、環境負荷を考える担当者。今までは「トレードオフ」でしたが、これをいかに「トレードオン」に変えていけるかが、勝負です。ではどうやって「トレードオン」を実現するか。その答えは若い消費者の「共感」にあるはずです。

1 2 3