これから消費の中心となっていく世代、ミレニアル世代やZ世代と呼ばれる彼らの多くは、物心がついたときから環境問題などを身近な危機として捉える「SDGsネイティブ」であるといわれている。いままでと違った価値観や考え方をもつ彼らに対して、企業はどう向き合っていけばよいのだろうか?

SDGsネイティブの特徴

定義や世代の幅については諸説あるが、社会課題や環境問題への関心が高く課題解決への意欲がある、主にミレニアル世代(1981年〜97年生まれ)とZ世代(1998年から2010年生まれ)の若者の総称とされている。

2001年の米同時テロや2011年の東日本大震災などの出来事を目の当たりにし、環境問題や社会課題を自分事化して捉える傾向がある。また小・中・高などの教育機関における教育も大きく変化し、SDGsが教科書に組み込まれるようになった。これからは、当たり前のようにSDGsの考えを身につけている世代が社会の中心になっていくのだ。

SDGsネイティブに伝わるメッセージとは

1 2