国連が定める「世界野生生物の日」である3月3日、WWF(世界自然保護基金)ジャパン(東京・港)は、「エキゾチックペット」の飼育に対し、95%が規制強化を求めているとの調査結果を発表した。カワウソ、ハリネズミ、フクロウのほか、希少なカメやトカゲ、カメレオン、カエルなどの動物がメディアを通じて人気を集め、一般家庭やカフェ施設での飼育を目的に売買されている。だが、感染症リスクや絶滅危惧の問題を抱えていることはあまり知られていない。(オルタナ副編集長=吉田広子)

人気のフクロウカフェでは、動物福祉に反する飼育方法で死亡する例も報告されている(画像はイメージ)

WWFジャパンが発表した報告書「エキゾチックペットに関する日本の意識調査2021」によると、3人に1人(33%)が「エキゾチックペットに触れてみたい」、6人に1人(17%)が「飼ってみたい」と回答した。特に10~30代の若い世代での人気が高いという。

エキゾチックペットの問題点は大きく5つある。

1つ目は「感染症」で、エキゾチックペットには、動物から人に感染する病気(動物由来感染症)のリスクがあり、新型コロナウイルスも動物由来感染症のひとつだ。

2つ目は「動物福祉(アニマルウェルフェア)」。エキゾチックペットの中には、一般家庭やカフェなどの施設での飼育に適さない動物もいて、精神的・肉体的に大きなストレスを受けている。

3つ目は「絶滅危惧種」。エキゾチックペットの中には、絶滅のおそれのある動物が多く含まれ、ペット取引によって、野生での存続が脅かされている種もある。

密輸動物がペット市場で流通している例も

1 2