【連載】多様で健康的なファッションの未来を考える(5)

「オーガニックコットン」という表示を見かける機会が増えている。数年前までは、一部のブランドでしか取り扱いがなかったが、現在では多くのブランドの製品の一部にオーガニックコットンが取り入れられていたりする。喜ばしい状況ではあるが、オーガニックコットンも全ての問題を解決する万能薬ではない。そこからさらに一歩踏み出して、よりベターなコットン生産のあり方を探る。(一般社団法人unisteps共同代表=鎌田 安里紗)

ファッションにおけるサステナビリティを話題に挙げる際、最もメジャーな素材として上がってくるのがオーガニックコットンではないだろうか。

オーガニックコットンとは、農薬や化学物質を2~3年以上使用していない農地で、有機栽培されたコットンのこと。「ファッション」と「農業」は、一般的に関連を見出しにくい産業に思えるが、密接に関係している。

世界で流通しているコットンのうち、オーガニックコットンの割合は1%未満であり、到底主流化しているとは言えない状況である。しかし、「オーガニックコットンという選択肢があるのだ」という認識は少しずつ広まりつつあり、多くの人が手に取りやすい場所、価格帯でオーガニックコットンの製品に出会える機会は増えている。

そんな中、ビヨンドオーガニックコットンとも言える、さらなる挑戦を進めている企業もある。

■キーワードは「リジェネラティブ」

1 2