製品になる前のプラスチック素材は、つぶつぶのペレット。その素材に眠っている機能的価値や魅力をユーザーに伝えるのは至難の業だ。三井化学のオープン・ラボラトリー活動「そざいの魅力ラボ(MOLp)」は7月13~17日まで 「MOLpCafe2021(モルカフェ2021)」を開催し、社会課題の解決に向け、素材の魅力を生かしたプロダクトを提案している。(オルタナ副編集長=松田慶子)

そざいの魅力ラボ(MOLp)は、三井化学が創業以来培った素材や技術の「機能的な価値」や「感性的な魅力」を社会に共有しようと集まる、オープン・ラボラトリー。2015年に「感性からカガクを考える」をコンセプトに設立して以来、毎月研究者が集まり、社会と人と素材の関係について議論している。

素材の魅力を生かしたアイデアを、身近なプロダクトとして体験してもらおうと2018年に続き展示会を開催しているが、今回はコロナ禍やプラスチック問題などの社会課題を受け、社会課題に関連した展示が多くなった。

レジ袋をアップサイクルしたパスケースは、大阪の就労継続支援事業所「オーロラ」と協働で、地域で集めたレジ袋などを集めて制作している。レジ袋の原料である高密度ポリエチレンは、縦向きに高い強度を持ち、フィルム状の素材を縦と横に多層で成形したパスケースで強度を高めた。この工法は素材違いではあるが防弾チョッキの同じ成形方法だという。

レジ袋をアップサイクルしたパスケース

プラスチックの原料を運ぶ産業資材であるフレコンバックをアップサイクルした普段使いのバッグは、強度の高さと柔らかさを生かし、より長く使ってもらえるよう、エンドユーザー向けのトートバッグに製品化した。ブロックチェーンのカードを同梱し、譲渡や販売をした際のデータも記録できるようにした。

このほか、海水から抽出したミネラル成分から生まれたプラスチックから制作したマウスや、アウトドアや災害で活用できるマットなど、合計22点を展示販売している。こうしたイベントを通じ、素材の魅力をプロダクトとして提案し「一緒に製品化していけるパートナーと出会いたい」(ESG推進室 気候変動・プラスチック戦略グループ 松永有理氏)としている。

プラスチックごみ問題が深刻になり、使い捨ての見直しが叫ばれるなか、同社としてはリサイクルについては「1社でできることではなく、流通などと共同で取り組むことが必要」とし、「汎用品というよりは高機能素材の取り扱いが多く、機能で環境問題に貢献したい」(コーポレートコミュニケーション部)。高機能品とは、例えば軽量化により走行中のCO2を削減する自動車用樹脂や、賞味期限を伸ばすことで食品ロス削減に貢献する食品フィルム、などだ。

「今できるアプローチは、素材を長く使ってもらうことと、リサイクル素材やバイオ素材への置き換え」とする。こうした素材は機能と価格のバランスも含め、認めてもらうことが大きな課題で「バイオマスやリサイクル素材は価格を聞いて驚かれることも多いが、作る、出す、試してもらうという流れに積極的に取り組みたい」としている。