私たちに身近なコーヒー、紅茶、チョコレートなどの食品や、紙コップなどの紙製品。商品がサステナブルな方法で作られているかを消費者が知るためのツールとして導入されたのがエコラベルです。

でもこのエコラベルの認証制度に欠陥があり、本来の意味を成さないとしたら? 

グリーンピース・インターナショナルが行った調査結果をお伝えします。

そもそも「認証」とは?

認証とは、農場や森林の所有者が、社会的・環境的基準を遵守した管理や生産をしていることを第三者の審査によって示し、その製品を認証製品として販売する権利を得るための検証プロセスです。

多くの場合、こうした認証をうけた製品には、消費者向けのエコラベルが付いています。森林・生態系にとってリスクのある商品を生産・取引している企業は、消費者が情報に基づいて商品を選べるようにするために認証制度を利用しています。

企業は自社や関連企業が、生産に伴う環境や社会への悪影響を最小限に抑えるための行動をとっていることを示すことで、その製品が「持続可能」であるとみなされること期待してラベルをつけます

認証が発展した背景の一つには、2010年に世界の主要なメーカーや卸売などの企業が参加するネットワーク(コンシューマーグッズフォーラム)が、2020年までに製造過程から森林破壊をなくす、という目標を掲げたことがあります。同時期に、生物多様性条約愛知目標や国連による持続可能な開発目標など、さまざまな国際会議で同様の目標が設定されました。そこで、多くの企業や行政が同目標達成のために、認証制度を含めた自主的な取り組みを採用したのです。

森林破壊ゼロから遠い実績

グリーンピースは今回、農産物のカカオ、コーヒー、パーム油、大豆、バイオ燃料、そして木材の認証ラベルについて調査をしました。調査の目的は、農業・林業に関連して起きている、世界の森林破壊や人権侵害の問題解決に、認証制度がどのように貢献しているかを調べるためです。

対象とした認証は、日本でも馴染みのあるFSC(木材)、レインフォレスト・アライアンス、フェアトレード(ココアとコーヒー)、RSPO(パーム油)などの認証です。これらの認証を、同ラベルを使用している企業が、実際に森林破壊、森林劣化、生態系の転換、先住民や労働者の権利の侵害を含む人権問題にどのように対処しているかという実態と比較しました。

その結果、認証そのものは、企業が2020年までに製造過程から森林破壊をなくす、という目標達成に寄与していないことが分かりました。これらの認証制度の多くは、破壊的なビジネスをこれまでどおり継続させることを可能にしています。

この続きはこちら