ザ・ペニンシュラ東京:日本初のアースチェック認証取得

「持続可能なラグジュアリー」をCSRテーマに掲げる、ザ・ペニンシュラホテルズ。日本拠点であるザ・ペニンシュラ東京でも、2007年の開業以来サステナブルなホテル運営を目指し続け、日本で初めて観光業における環境管理認証機関アースチェックのゴールド認証を取得しています。さまざまな先駆的な取り組みについて、執行役員の山下淳二郎さんにお話しをお聞きしました。

時代に合わせ、社会・環境と共生していく

――ザ・ペニンシュラグループでは、「持続可能なラグジュアリー」をCSRテーマに掲げられています。この背景やホテルグループとしての考え方について教えてください。

山下:まず前提としてあるのが、もともと私たちのグループはビジネスのすべてにおいて長期的視点を重視しているということ。親会社・香港上海ホテルズ社はカドゥーリー家というファミリーオーナーの会社で、1866年の創業以来、一族が代々事業を継承してくる中で、その傾向は強く表れてきています。

日本進出にあたっても、理想的な立地を得るまでに20年以上の歳月をかけたほど。現在世界で10のホテルを持ちますが、いずれもその土地で100年、200年と長く営業していきたいというのがグループの願いであり、そのためには時代に合わせて、社会・環境と共生していくことが欠かせません。

本社では2007年にCSRコミッティーを立ち上げ、2014年からは経済・社会・環境面で50余りの目標を掲げた「Sustainable Luxury Vision 2020」をグループ全体で展開してきました。

この実践にあたっては、全拠点でホテルマネージャーが責任者を務めていることでも、私たちの本気度を見ていただけると思います。ラグジュアリーであることと持続可能性の両立は、一見難しいテーマに感じられるかもしれません。しかし、取り組みを通して私たちが得てきた確信は「両立できる」なのです。

アースチェックのゴールド認証を取得

――2020年には環境管理認証機関アースチェック※より、ゴールド認証を取得されていますね。2014年のブロンズ認証、2015年のシルバー認証の取得に続き、いずれも日本初となっています。

山下:「持続可能なラグジュアリー」に向けた指針として、グループが採用したのが観光業で世界的な基準とされているアースチェック認証でした。日本初となるだけに、参考にできる国内の他社事例がなく、取得を目指していく上では試行錯誤の連続でしたね。

まずは、施設管理部門が中心となり、ホテル運営のすべての数値を見える化。その上で、温室効果ガス排出量やエネルギー効率・省エネなど10の領域でのアクションプランを定め、全社で取り組んできました。

館内の照明は、バックオフィスはもちろん、一部はお客様に見えるところを含めてLEDに変更しました。厨房の排水を処理し従業員用トイレの洗浄水として再利用したり、生ごみを肥料に変える取り組みもしています。

冷却塔の全てに薬注処理設備を実装し冷却水の入れ替えの回数を減らしたり、全水栓の吐出量を最小限に調整したり、地道な工夫で節水と水質改善向上の両立を実施して、10年前と比べ稼働率が18%増えたにも関わらず年間454t(24%)の節水を実現しました。「いかにお客様に影響を出さず、数値を改善するか」という視点で、施設管理チームが非常にがんばってくれました。

消費電力の削減については、2011年の東日本大震災による電力危機を機に、ある程度進んでいたことが認証取得を後押ししてくれました。「Save Energy for Japan」というスローガンのもと、スタッフの夏服をポロシャツにし、バックオフィスの空調利用に制限を設けたことで、大きな節電効果を上げました。当時は「ラグジュアリーホテルなのに、スタッフがポロシャツなんて」という否定的な声をいただくこともありました。しかし、私たちの活動の本意を伝えながら継続してくることで、最終的にはペニンシュラの新常識として定着できたと考えています。(現在は、ポロシャツは行っておりません)

※1987年にオーストラリアに設立された、観光業に携わる企業やコミュニティの持続可能性を認証する専門機関。その代表的なプログラムであるアースチェック認証は、取り組み年数に応じて3段階(ゴールド、シルバー、ブロンズ)の基準値が設定され、現在70カ国以上で導入されている。年数に応じて3段階(ゴールド、シルバー、ブロンズ)の基準値が設定され、現在70カ国以上で導入されている。

ホテル屋上に設置している空調用冷却塔

アースチェックゴールド認証証明書

■海の生態系を守るための、フカヒレ提供中止

――もうひとつの特徴的な取り組みとして、2012年よりフカヒレ料理の提供を中止されています。この背景についてもお聞かせください。

山下:フカヒレの提供中止は、グループ全体として決定したことで、サメの乱獲をなくし、海の生態系を守ることが目的でした。ザ・ペニンシュラホテルズは広東料理の本場・香港が発祥であり、フカヒレはお祝いやハレの席に欠かせない食材です。当然お客様からは厳しいお言葉をいただきましたし、実際に接待でのご利用は一時かなり減りました。当初は現場のスタッフにもとまどいがあったと思います。

ラグジュアリーホテルでフカヒレの提供を中止したのは私たちが初めてです。SDGsが浸透してきた今なら、「目標14『海の豊かさを守ろう』に貢献するため」と言えば一定の理解を得られると思いますが、当時はそうではありません。「フカヒレをやめる? こんな人気の食材をなぜ?」という反応が一般的でした。しかし、「アジアで最も歴史あるホテルグループとして、私たちがやるからこそ意義があり、賛同して後に続いてくれる施設もあるはず」というのがグループの考え方で、強い意志を持って推し進めてきました。

フカヒレはわかりやすい例ですが、「持続可能な調達」という点では、これが特別なケースではありません。ホテルの仕入部では、生態系の保全や環境配慮のほか、人権なども含んだ調達のガイドラインを決めていて、それに合意している取引先からのみ仕入れを行っています。

■お客様を巻き込んだフードドネーションプログラム

――2021年には、開業から15年目を迎えます。地域社会との関わりで、大切にしている活動はありますか?

山下:ひとつには、土地の文化・歴史をお客様に体験していただく「ザ・ペニンシュラアカデミー」が挙げられます。世界10都市のすべてのザ・ペニンシュラホテルズで提供していますが、プログラム内容は各地の特色を反映して全く異なります。

ザ・ペニンシュラ東京では、個性豊かな店がひしめく「有楽町ガード下」をご案内するウォーキングフードツアーなどが非常に人気です。ツアーガイドが日本文化やテーブルマナーまでしっかりとご説明し、海外からのお客様にも食を超えた楽しさを味わっていただけます。