【連載】フェアトレードシフト

5月の第二土曜日は「世界フェアトレード・デー」と呼ばれ、日本では5月をフェアトレード月間としている。今年は約10年ぶりに多くの企業や自治体、市民団体が連携した大規模なキャンペーンが実施された。(認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長=潮崎 真惟子)

キャンペーンのメインビジュアル

全国のスーパーや小売店で共通デザインのPOPやデジタルサイネージが展開され、1カ月間のフェアトレード商品の販売数やSNS投稿数、イベント参加者数等を集計して100万アクションが目指された。

国内のフェアトレード認知度は2019年の調査で32.8%とまだ低い。(出所:日本フェアトレード・フォーラム)学校教育の変化を背景に10代におけるフェアトレードという言葉の知名度は78.4%にも上るものの、より上の年齢層でもフェアトレードへの認知・関心をいかに高められるかが重要だ。

これまでのフェアトレード月間のプロモーションは各企業や団体の個々の活動がほとんどで、関心のない一般消費者には届きにくかった。そこで今年は企業間競争も一時休戦し、手を取り合って一緒にキャンペーンを行うことで露出を増やし消費者に大きくアピールした。