日本の自動車メーカーにとって、SBTi認定への最大の壁は「スコープ3/カテゴリー11(販売した製品の使用)」だ。日本における再エネ比率の低さ、エンジン走行が必要な地域での販売比率の高さが認定取得を阻んでいるという。だが、同様に再エネ比率低いとされてきた米国でも、GMやフォードは「1.5℃目標」で認定を受けた。この差はどこから来るのか。(オルタナ編集部)